2017年1月14日

2月19日(日)に浜松で「ひきこもり大学 in 浜松」を開催しました。

Filed under: お知らせ,ひきこもり大学,東海 — khj-c @ 12時52分45秒

「ひきこもり」について関心がある方や、ひきこもっている状態の人の気持ちや考えを知りたい方に向けて、ひきこもり経験者を講師に迎え「ひきこもり大学」を開催いたします。

1限目:親子関係学部親子相伝学科
テーマ:『おばあちゃんと向き合おう!自分の問題を子供の問題にしていませんか?』
講師:石崎 森人
5歳の時から生きづらさを抱える。18歳から精神科へ13年通院。24歳から2年半ほどひきこもる。脱した経緯や試行錯誤を不登校新聞にて「ひきこもるキモチ」として連載。現在は家族で起業した会社で社内情シス、マーケティングや新卒採用などを行っている。2014年ひきこもりUX会議実行委員。2016年ひきこもりピアサポーター。現在ひきこもり新聞副編集長。東京、長野、福井などで経験者ならではの講演会も行っている。

2限目:ひきこもり支援学部 当事者発信学科
テーマ:『実践例から考える本当に必要な支援とは』
講師:林 恭子
高校2年で不登校、20代半ばでひきこもりを経験する。
信頼できる精神科医や同じような経験をした仲間と出い、少しずつ自分を取り戻す。様々なアルバイト、正社員などを経て、現在は2005年に結婚した夫と古本屋を営みつつ、不登校・ひきこもりの理解に向けて当事者発信をしている。ひきこもりUX会議メンバー、ヒッキーネット事務局、新ひきこもりについて考える会世話人。

3限目:グループ対話(見学席を用意いたします)

日時:2017年2月19日(日)14時~17時(受付13時30分~)
会場:浜松市福祉交流センター 21会議室(静岡県浜松市中区成子町140-8)
参加費:一般1,000円  当事者・経験者無料
定員:60人
お申込方法:2月10日までにお名前(ハンドルネーム可)を下記メールまでお送りいただくか、問い合わせの電話番号までご連絡下さい。ドタキャン・ドタ参・遅刻早退可、ただし定員を超えた場合は、事前申込された方を優先させていただきます。

主催・お問合せ先:NPO法人てくてく
担当:山本 洋見(やまもと ひろみ)
電話番号:090-1416-6224
FAX:053-442-6365
メールアドレス:tekutekuiku109@bj8.so-net.ne.jp

共催:NPO法人KHJ全国ひきこもり家族会連合会
後援:静岡県教育委員会、浜松市教育委員会、静岡県精神保健福祉センター、浜松市精神保健福祉センター、静岡県社会福祉協議会、浜松市社会福祉協議会

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

Copyright © ひきこもり大学 KHJ全国キャラバン2015-2017. All rights reserved.