2015年6月16日

7月4日(土)に、青森でひきこもり大学を開催しました。


ひきこもり当事者の社会参加を支える枠組み作り

ひきこもり大学 KHJ全国キャラバン2015

2010年度の内閣府による調査で「ひきこもり」は全国で推計70万人と発表され、有効な解決策も見いだせないまま長期化や高年齢化が懸念されています。

私たちKHJ家族会は、1999年の結成以来、外出できない当事者に代わり家族がつながることで当事者や家族の孤立を防ぐ努力を重ねてきましたが、ともすれば親としての思いが先に立ってしまい、当事者が望む支援とのズレが生じてしまうこともありました。

一方近年になって、様々な参加者が集まり対話する場「フューチャーセッション」や、ひきこもっていた人がその経験から得られた知恵などを講義する「ひきこもり大学」など、当事者が主体となる新しい動きが各地で生まれています。

この度、関東で対話の場を開いているグループと、関西で当事者主体の活動をしているNPOの協力を得て、ひきこもり大学を全国で開催します。家族が当事者や一般の方との対話をする中で、当事者の側に立った新しい支援を共に考えていきたいと思っています。ぜひご参加ください。

KHJキャラバン青森チラシ チラシダウンロード(PDF形式 509KB)

日時:7月4日(土)14:00~16:30(受付開始13:30~)
会場:リンクステーションホール青森(青森市文化会館・青森市堤町1-4-1)小会議室(4)
対象:若者の社会参加に関心がある方、ひきこもり当事者・経験者、家族、支援者など
定員:50名(先着順)
参加費:1,000円※当事者・経験者500円

内容
1限目:ひきこもり大学 コミュニケーション学部
テーマ:「ダイアローグ(対話)」―ひきこもり同士が語り合う意味―
講師:NPO法人わかもの国際支援協会 理事 横山泰三さん
プロフィール:15歳で不登校、ひきこもりを経験。インターネット上で知り合ったひきこもり同士で自助グループを立ち上げる。在宅などのテレワークを使った仕事の仕組み作りを確立、現在は農業とインターネットの組み合わせによる新しい生き方を模索している。

進行:ひきこもりフューチャーセッション庵-IORI-

2限目:ひきこもり大学 当事者活動学科
テーマ:「当事者活動の紹介と、ひきこもり大学について」
講師:NPO法人グローバル・シップスこうべ 理事 森下徹さん
プロフィール:17歳で不登校になり、ひきこもりと不登校を繰り返す。神戸の居場所に集まった当事者たちで2006年にNPOを立ち上げ、自助グループの開催や情報発信を行う。2009年に法人化しイベントなどを開催するとともに、2014年度からは兵庫県の電話相談事務局を受託。フリースクールスタッフや各地の居場所スタッフを兼任している。

3限目:参加者がグループに分かれての対話(見学席もご用意しています)

4限目:それぞれのグループからの発表と共有

主催:NPO法人全国引きこもりKHJ親の会(家族会連合会)
共催:KHJ青森「青森さくらの会」
協力:KHJ青森「アップルの会」 ひきこもりフューチャーセッション庵-IORI- NPO法人わかもの国際支援協会 NPO法人 グローバル・シップス こうべ
お問い合わせ hiroo-shimoyama@k2.dion.ne.jp(下山)

※都合により内容などが変更になる場合があります。

追記
7月5日の東奥日報に掲載されました。
ひきこもりの悩み、体験を対話で共有/青森
陸奥新報にも掲載されています。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

Copyright © ひきこもり大学 KHJ全国キャラバン2015-2017. All rights reserved.